大病に繋がらないよう自己管理|コレステロールを下げる食事が肝心

栄養補助食品

食生活を意識する

ストレッチ

早めに下げよう

コレステロールが高いと、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などにかかるリスクが高くなります。コレステロールは増えすぎると、血管を詰まらせたりするためです。そのため、コレステロール値が高いとできるだけ早めに下げるように心がけなくてはなりません。コレステロールを下げるためには、適度な運動と規則的な食生活が欠かせません。仕事などが忙しくて、生活が不規則になっていた人は、しっかり見直していく必要があります。毎日短時間でも良いので少し汗を流す程度に軽めの運動を始めてみたり、日常の食事をするときに、コレステロールを少し意識するだけでも違ってくるでしょう。できるだけ食事に、コレステロールを下げることに効果があると言われている食品を積極的に増やしましょう。

食品を意識しよう

一般的にコレステロールを下げるのに良いと言われている食品はたくさんあります。魚や大豆、海藻類や野菜などがそうです。それらが中心になるような食事を実践してみましょう。そして。コレステロールを上げると言われている食品をできるだけ日常の食事から減らすことも大切です。肉類やバター、洋菓子や卵黄などがそれに当たります。全く避けるわけにはいきませんので、できるだけ低脂肪の物を選ぶなど工夫をしてください。朝食は和食にすると良いでしょう。おやつも菓子パンやスナック菓子よりも和菓子を増やしましょう。インスタントラーメン等も、飽和脂肪が多いため、控えた方が良いでしょう。しかし、あまり気にしすぎるとストレスがたまる場合もありますので、無理のないようにしましょう。