大病に繋がらないよう自己管理|コレステロールを下げる食事が肝心

栄養補助食品

身体の脂肪を改善する

カーテン

高めの人の特徴

コレステロールとは、身体の中にある脂肪細胞の一種で、細胞膜を丈夫にしたり守ったりする役割があります。一方で、コレステロール値が高すぎてしまうと動脈硬化や高脂血症などといった病気の原因となってしまいます。そこで、身体のコレステロール値を下げる食事が大切になってきます。コレステロール値が高い人には、揚げ物を多く食べたり、肉類や卵を多く食べるなどの特徴があります。また、アルコールが好きでたくさん飲む人や早食い、大食いの人も高くなりやすい傾向にあります。この他運動不足の人や生活リズムが乱れがちな人も注意が必要です。心当たりのある人は、出来るところから少しずつ食生活や生活リズムを改善していくようにしましょう。

効果的な食品

コレステロールを下げるには食事内容の改善が欠かせません。そこで、揚げ物や肉類、アルコールを控えるなどの他に、コレステロール値を下げる働きの食品を摂取するとより効果的です。コレステロールを下げる食品はいくつかありますが、代表的なものは海藻類です。海藻類に含まれるフコイダンは血圧や血糖値の上昇を抑える働きがありますので値の低減に効果的です。また、チーズやヨーグルトなど乳酸菌が含まれた食品も、コレステロールを吸着し排出する作用があるため効果的です。この他、お酢にも血流を良くし高血圧を予防する効果などがありますので、酢の物などで積極的に食事に取り入れたい食品です。このように食事内容の見直しをすることでコレステロール値を改善させましょう。