大病に繋がらないよう自己管理|コレステロールを下げる食事が肝心

栄養補助食品

健康増進のための話

お腹の脂肪

善玉と悪玉の関係

コレステロールとは、体内における脂質の一種であり、ホルモンや胆汁酸(いわゆる消化液)、細胞壁の生成などの、重要な役割を担っています。一日における一般的な量は、7割が肝臓から生成され、残りの3割を食事で摂取しています。コレステロールは善玉・悪玉に分けられ、悪玉の値が高いときにはじめて、コレステロールの値が高いと判断されます。ただし、たとえ悪玉の数値が低くても安心できない場合があります。それは、悪玉の数値が低くても、それ以上に善玉の数が少ないときです。一般的に善玉には、増えすぎた悪玉を減らす役割を持っていて、善玉の数が少なすぎると、それだけコレステロールに占める悪玉の数が多いことになるからです。ですので、コレステロールの値を下げるというのは、この悪玉を減らすということに等しくなります。

悪玉の数値の下げ方

悪玉コレステロールの数値を下げる最も重要なことは、食生活の改善です。特に現代の食生活事情では、コレステロールを豊富に含んだ食事が多く並んでいます。代表的な食材としては鶏卵です。鶏卵はよく料理に用いられることから、食べる機会が非常に多いと思います。鶏卵におけるコレステロールを下げるポイントとしては、特に卵黄の部分に多く含まれているので、たくさんの卵黄が用いられている料理などは控えることです。たとえばマヨネーズを選ぶ際には、卵黄が用いられているよりも全卵が用いられているものの方が良いです。その他にもマーガリンや生クリームなども多く含まれているので、少し意識しながら摂取するようにしましょう。一方、悪玉コレステロールを下げる食品として代表的なものとしては、青魚に豊富に含まれているDHAやEPAです。さらに、一度の食事に際して出来るだけ多くの野菜を食べるように心掛けてください。コレステロールは食事の改善で簡単に下げることが可能です。非常に美味しい食事も良いですが、たまには意識して、適切な食生活を心掛けるようにしましょう。